英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【マンガ】おすすめ

今日もお疲れ様です。
二度目です。

<余談>

今日スタジオで音声の収録を行っていたのですが
生まれて初めて、音程を意識して歌いました。
今まで、まったく意識してなかったので上達するわけがなかったのですが

人に教えてもらって、少しずつ音を合わせていって歌う。
これだけで、ものすごく汗をかきました。
普段からこれができている人ってものすごいですね…
歌うまい人には本当に頭があがらないです。

自分も、好きな曲を問題なく歌えるくらいにはなりたいですね…



マンガについて

今回の記事は、少し趣向を変えて最近自分の中での一押し作品を紹介したいと思います。
2015年24号より週刊少年ジャンプで連載が開始された
「背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜」

というマンガです。

f:id:kurischool:20150531230900j:plain

作者は横田卓馬さん
↓作者のホームページです。イラストなどぜひ
横田卓馬 公式サイト 横田工房



2011年に読み切り掲載され、実に4年間の期間が空いての連載だったわけですが
読み切り当初から、かなり面白かったです。
(今でも、その週のジャンプが保管してあることから、当時少年ながらに感動したんだと思います。)

ちなみに、2012年にも全3話の短期掲載として「こがねいろ」という作品を掲載しています。
こちらも、キュンキュンする作品ですので
読み切り集が今すぐに欲しいです。



そんな同作品がついに連載されて、現在第3話です。
(今からまだ間に合う!)

作品の概要

物語は高校へ入学した少年が、新入生オリエンテーションの部活紹介を見るところから始まります。
その部活紹介で演技をしていた競技ダンス部、その圧巻の演技に思わず目を奪われた少年は、競技ダンスに興味を持ち部活見学へと足を運んでいきます。


そこでの、出会いや初心者がダンスに向かっていく姿勢など
とにかく、すべての描写が細かくて丁寧です。

帰り道の電車の中で、教えてもらったばかりのステップをやってみたり
女性と手をつなぐことに緊張してしまったり

部活物語の中でも王道の
「こんな青春が送りたかった…!」と思ってしまう要素が盛りだくさんです。
そして、それらが高校1年生の視点で語られている為、主人公の少年がどのように成長していくのかなど…
本当に期待できる作品です。

f:id:kurischool:20150531230842g:plain
圧巻のダンスシーン


(ただ、現在の週刊少年ジャンプはなかなか連載陣が固定されてしまっているため、打ち切りになる可能性もありますね…恐ろしいです。皆さんで盛り上げていきましょう。)



↓こちらから、無料で視聴できます。www.shonenjump.com