英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【デザイン】お絵描き修行 口の話

今日も1日お疲れ様です。

<余談>

この頃スプラトゥーンがやりたくて仕方がないです。

Splatoon(スプラトゥーン)

Splatoon(スプラトゥーン)

そのためにはWiiuの購入が先決ですね。
マリオカート同梱版買おうかな…

髪型のお話

前回までで髪型のお話が終わりました。
かなり長いこと書いてきたのですが、今回の口はすごく短くなりそうです。

kurischool.hatenablog.com



口は、大きくわけて口角が、
・あがるか
・さがるか

の2パターンに分類されると思います。
そこから、枝分かれして行って細かくあるわけですが


やはり、これも模写などから表現を学んでいくしかなさそうです。
なので、今回は口角の上げ下げ
この2パターンのみを掘り下げていきましょう。

口角があがる(笑顔)

f:id:kurischool:20150604145056p:plain

(画像が小さくなってしまい申し訳ありません)
口角を上げることによって、笑顔になりますね。

ただ、物足りなさを感じる部分があるので
教えていただいた技術を試したいと思います。

f:id:kurischool:20150604145101p:plain

赤い線で描かれているもの
口の下に一本線を書き足すことで、少し立体感があらわれます。

自分の顔とか触ってもらうとわかるのですが、ニコっと笑うと
口の下に膨らみや、シワができたりしますよね。
それを表現するのが、この一本の線です。
(だと思います。)

困ったら、足しとけ!みたいなイメージでいいと思います。
違和感出たら消してしまえばいいわけですしね。


口角を上げる(歯を出す、口を開ける)

f:id:kurischool:20150604145111p:plain

やはり、線だけで表すとこう笑顔に裏がありそうというか
心の底から笑っていないような感覚に襲われます。

爆笑というわけではありませんが、やはり歯を出して笑うといいですね。


書き方としては、三角形を逆さまにします。
f:id:kurischool:20150604151206p:plain

その上の部分に歯に当たる部分を作ります。
f:id:kurischool:20150604151246p:plain

最後に舌を書きます。
全体的に丸っこく表現すると、かなりそれなりの口になるのではないでしょうか?
f:id:kurischool:20150604151303p:plain

口角を下げる(怒っている顔、不満そうな顔)

単純に笑顔の真逆と考えてしまいましょう。
f:id:kurischool:20150604145107p:plain


口については、本当にこの2パターンから様々なものを見て、書いて研究していくしかないと感じたので、これくらいにします。

お疲れ様でした。