英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

ツイキャスをやってみた

今日も1日お疲れ様です

<余談>

今日、大学の近くの銭湯に行ったのですが、たまたまスイッチの収録が行われており
お笑い芸人の「流れ星」さんに遭遇しました。
撮影終わりだったため、快く握手をしてくださりました。


(テンションがあがりすぎたのか「が、がんだむぅ~!」と言ったら完全にスルーされました。
我ながら糞すべったなーと。)


ツイキャススタート

kurischool.hatenablog.com
kurischool.hatenablog.com


2回にわたって、ツイキャスの設定をしてみたので
昨日2:30から30分間配信テストをしてみました。
(家が寝静まるのをまっていたら、そんな時間でした。)

活動しているページをはらせていただきます。
もしよろしければ、サポートなどお願いします。

twitcasting.tv


やってみた感想

詳しい人に見守って貰いながら、試していたのですが奥が深いコンテンツに感じました。
本来、配信できる時間は30分なのですが、視聴者は配信者に対して「アイテム」を送ることができます。
このアイテムが一定数に達すると、配信時間を延長することができたり
配信のにぎやかポイントというものが上がっていき、ツイキャスのトップページに紹介されるようになります。

視聴者が配信者に関わる場面が多い、まったく新しいコンテンツとなっていました。
体験しなければ分からなかったです。


地獄の第一回配信

一言で表すなら地獄でした。
わけもわからない、話題もない、相手もいない。
そのような状況で30分話し続けるこの辛さたるや…

配信できているかを確かめるために、別窓で自分の配信を開いているのですが
そこから、ひたすら自分の声が聞こえてくるわけです。
昔、携帯で自分の声を録画して死にたくなったのを思い出しました。


パソコンの音声を流す?

そこから、今日ちらちらと色々な放送を見たり、様々な記事を見ていたのですが
どうやら、パソコンの音を流すことができるようです。

つまり、itunesなどに入れておいた楽曲を流しながら配信することで
さながらラジオのような配信ができそうです。


(調べてみたのですが、なかなか難しかったので明日はこのことを記事にしたいと思います。)



コラボ相手募集

ツイキャスにはコラボ配信というものがあるのですが、これの相手を常時募集しております。
「やっている」「はじめてみたい」どんな方でも結構なので、グダグダとお話しましょう。
よろしくお願いします。