英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【デザイン】レイヤーにおけるブレンドについて

今日も1日お疲れ様です。

<余談>

髪をバッサリと切りました。
だいぶ長かっただけに、自分の切られた髪の量を見て軽く引きました。

髪が長い理由を聞かれると困ってしまうのですが
人と目を合わせなくていいという、なんとも根暗な理由なので聞いた本人も反応に困りますね。


FireAlpacaのブレンド機能

以前から紹介している、FireAlpacaのブレンド機能についてのお話です。
ブレンド機能は、レイヤーのところにある機能でレイヤー同士の掛け合わせを調整することができます。

と、文章で説明しても難しいので画像で見ていきましょう。



レイヤー関係

f:id:kurischool:20150611233947j:plain

今回使用していく画像はこちら。
背景に、白黒のグラデーション。
その上に赤色の丸を書いていきます。
(色の差がはっきりしているものを用いるほうが、違いがはっきりするので)


FireAlpaca標準機能

f:id:kurischool:20150611233940j:plain
このソフトに搭載されているブレンドの機能はこちらです。

上から順番に見ていきましょう。



乗算

f:id:kurischool:20150611234027p:plain

下にある色と、上にある色とを乗算するというイメージです。
適用後には、全体的に暗いイメージになりますね


加算・発光

f:id:kurischool:20150611234802p:plain

乗算とは対照的に、明るいイメージになりました。
乗算と加算・発光を使っていくことで影の表現ができそうですね。

オーバーレイ

f:id:kurischool:20150611234815p:plain

黒と被っている部分は黒く、白と被っている部分は白く感じます。
明るい部分は明るくし、暗い部分は暗くするという効果を持っているようです。


スクリーン

f:id:kurischool:20150611234825p:plain

ちょっとわからないですね…
加算と同じような印象を受けます。
ちょっとまた、調べてみたいと思います。


比較(明)

f:id:kurischool:20150611234841p:plain

読んで字のごとく。
2つのレイヤーを比較して、明るい方を採用するというブレンド機能ですね。


比較(暗)

f:id:kurischool:20150611234850p:plain

上の明に対して、暗い部分を採用するブレンド機能です。
この2つもうまく使い分ける事で、一風変わった表現などに使ってみたいですね。


差の絶対値

f:id:kurischool:20150611234903p:plain

色が変わりましたね…
差の絶対値というくらいですから、ないかしらから減算をしているんだとは思うんですが、ちょっと仕組みがわからないです。


覆い焼き

f:id:kurischool:20150611234916p:plain

加算とは違い、明るくなっているものの
色のメリハリが弱くなっているように感じます。
全体的にまとまったイメージの色になりそうです。


焼き込み

f:id:kurischool:20150611234926p:plain

覆い焼きの暗いバージョンですね。
この2つも面白い使い方ができそうです。


まとめ

筆者の知識不足もあり、中途半端な記事となってしまいましたね。
ただ、影の書き方などもここを基礎に始めていきたいので、こちらの記事はメモとして、後ほど追記しておきます。

失礼します。