英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【映像】After Effectsを用いた、パーティクルのテクスチャを変更する

今日も1日お疲れ様です。

<余談>

毎年夏に行われる
ONEPIECE プレミアムサマー」が楽しみで仕方ないです。
毎年行われていて、毎回機会を逃してはいるのですがいつかは行きたいと思っています。

大好きなんですよね、ONE PIECE
それのプレミアムショーが一度は見てみたいものです。

www.youtube.com


いや、もうサボが来てしまうのかと
どれだけ胸が熱くなることか…
絶好の機会は今年ですからね、ぜひ行きたいものです…!


After Effects

After Effectsとは、Adobe社から発売されている動画編集ソフトです。
編集というよりは、動画にエフェクトを付与することに特化しており、そのエフェクトの豊富さはさすが有料ソフトといった感じです。
映像上でできないことはない。とプロに言わしめた程のソフトです。


<はじめに>

今回は、有料のソフトを用いていきます。
また、技術的にある程度のことがわかっている状態で解説を始めてしまうのでご了承ください。


<パーティクル>

特定の空間内に、決められた形状のオブジェクトを配置し続けるものです。
花火のようなイメージを持っておいてください。


After Effectsの設定と素材の用意>

最初に初期設定をしていきます。
f:id:kurischool:20150612233916p:plain

今回はこの設定で実行していきましょう。


素材はこちらを用いていきます。
f:id:kurischool:20150612234022p:plain



<パーティクルを使用する>

配置した、黒い平面に対してエフェクトをかけていきます。

エフェクト>シミュレーション>CC ParticleWorld を選択し、パーティクルを平面上に設定していきます。
f:id:kurischool:20150612234210p:plain



続いて、下準備として先ほどの桜吹雪をタイムライン上に表示していきます。
f:id:kurischool:20150612234243p:plain
(桜本体が、画面に表示されないようこちらは非表示にしておいてください。)


最後に、この桜吹雪をテクスチャとして設定していきましょう。
f:id:kurischool:20150612234340p:plain

Particle > Parrticle Type
これを、lineからTextured TriPoligonに変更します。

そして、TextureからTexture Layerを桜に設定します。



f:id:kurischool:20150612234523p:plain

このようにパーティクルの1つ1つが桜に変更されました。


<おわりに>

やはり、自分の得意分野だけあって解説説明がし易いですね。
なぜ、突然始めたかということですが
大学の企画で、プロジェクションマッピングを製作することになり、今日用いた技術だったので、メモ程度に書かせてもらいました。
ご要望いただけたら、動画編集とかの記事を作っていきたいのですが、いかんせん作りたいもの、ソフトによりかなり変わるので難しいですね。
もし、ご要望などありましたら何かしらの形で伝えていただきますと対応できるかと思います。
お待ちしております。