英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

実写版進撃の巨人

今日も1日お疲れ様です。

冒頭から謝罪から入りますが、今回は簡易更新になります。
申し訳ありません。

進撃の巨人

2009年より別冊少年マガジンにて連載しています。
作者は諫山創先生で、2013年のアニメ化を皮切りに大ヒットを記録したことが、記録にも新しいです。
現在は16巻まで発売されて、アニメの第2期や劇場版の総集編も公開されて、ますます勢いが増していきますね。

当然ながら、筆者も好んで単行本を購入しています。
立体機動装置で登校したいとか考えてます。


実写映画化

そんな同作品に衝撃がはしりました。
「実写化決定」の堂々とした文字が、ネット上で大量にあふれた日を今でも覚えています。

あの世界観や、立体機動の動き、さらには原作ファンからのハードルなど
多くの障害があるため、実写化はしないのではないだろうか?と考えてこられたため
現在でもネット上では、物議をかもしていますね。


ちなみに筆者は楽しみ派です。www.shingeki-seyo.com



特報の公開

そして、2015年3月19日
特報第一弾として、巨人の姿が公になりました。www.youtube.com



続報、そして立体機動のお披露目

そして、昨日6月22日に物語の肝である立体機動シーンを加えた特報が公開されました。www.youtube.com

ネット上では否定の方が多く見受けられた気がしましたが、個人的にはなかなかすごい仕上がりになっているのではないかと思います。
これだけのハードルを超えてきたんじゃないですかね?

何はともあれ、8月9月の2作連続公開
本当に楽しみです。


失礼します。