英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【デザイン】Photoshopでオブジェクト・文字を中央に配置する

今日も1日お疲れ様です。

【余談】

この度、当ブログの訪問者が700人を達成しました。
定期的にご報告できるだけ、多くの方が足を運んでくれているこの状況がありがたいです。
欲をいうのならば、まだ1件もないコメントを残していただくと…
リクエスト等含めとてもありがたいです…!

とはいえ、なかなかに敷居の高いものかと思います。
気が向いた時で構わないので、お待ちしております。
なんにせよ、毎回閲覧いただきありがとうございます。



中央配置

今日は、Photoshopを用いてオブジェクトや文字を中央に寄せる方法です。
WordPowerpointといったMicrosoft社から発売されているソフトでは、多くの方が中央揃えということをしたことがあると思います。

そこで、今回はPhotoshopでやってみて気づいたことを


f:id:kurischool:20150708223139p:plain

今回は、こちらを用いていきます。
A4用紙に「英紙颯爽」と書いたテキストを配置して、これを中心に設定していきましょう。


配置から中央配置を選ぶ

f:id:kurischool:20150708223425p:plain

反転していて選択できなくなっています。
通常、この配置からオブジェクトや文字を配置する場所を決めることができるのですが困りました。

どうやら、この方法では中央配置ができそうにありません。



全体を指定してその中央に配置する

どうすればよいのかと色々試してみたところ
配置の部分から選べるものには、画面のどこに対してという指定がなかったため、選択できなかったようです。

そのため、画面全体からみた中央に配置してみようと思います。


画面全体を指定する

Ctrl + A
こちらのコマンドが、現在開かれているキャンパス全てを指定する方法です。
これを押した後にオブジェクトの配置をみてみると…

f:id:kurischool:20150708225821p:plain


画面上部を確認してみてください。
「バウンティングボックスを〜」の横にあるアイコンが選択できるようになっているのがわかります。
こちらで
「上下中央」「左右中央」を選択していきます。

f:id:kurischool:20150708225953p:plain


ビシッと文字をど真ん中に配置することができましたね。


まとめ

①オブジェクトor文字を配置する。
②Ctrl + Aで画面全体を指定する。
③配置のアイコンから「上下中央」「左右中央」を選択
④画面中央への配置完了。


一癖あることがわかりましたね。
以上です、お疲れ様です。