英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【ゲーム】ポッ拳稼働〜プレイしてみた感想〜

今日も1日お疲れ様です。

昨日お話したモノクロ写真は、明日の更新にいたします。
申し訳ありません。


今回は
ポッ拳トーナメント
www.pokkentournament.jp


ポッ拳

大人気ゲームポケットモンスター
格闘ゲームの金字塔である「鉄拳」の製作陣が手を組んだ
異色な話題作「ポッ拳」

7月16日本日が稼働日だったため、早速プレイしてきました。

詳細はこちらの動画をどうぞwww.youtube.com


ポケモンバトルが格闘ゲームに登場という、発表当時から多くの話題を残してきた本作品。
従来の技を選択して戦う形式ではなく、自身でキャラクターを動かし技を繰り出すという
今までと全く違うポケモンバトルを体験してきました。


バナパス

最近のゲームセンターでは、「バナパス」というカードを購入することで、ゲームのデータなどを記録することができるようです。

f:id:kurischool:20150716232023j:plain

早速製作してきました。(300円、少し高い)
ポッ拳稼働記念限定デザインゲットしました。


様子

お昼頃にゲームセンターに到着していたのですが、2台置かれているうちの1台はプレイ中でした。
早速座りプレイしてみると、どんどんと人が集まってきて注目されながらプレイしていて割と恥ずかしかったです笑

結構いろんな幅の層の人がいて、興味津々という感じでしたね。


キャラクター

現在キャラクターは8匹


自分は、2回プレイして
ゲンガーとマニューラを使ってみました。


ゲンガーはテクニックタイプ。
マニューラはスピードタイプという印象。

使っていて馴染んだのは、マニューラだったのでしばらくマニューラ使っていく予定です。


ゲーム

感想としては一言
面白かったです。

格ゲーはあまりやったことがなかったため、コマンドとかを要求されるかと思いきや
子供でもプレイできるような簡単操作になっていました。
スマッシュブラザーズみたいな印象です。)

しかし、その中でも遠距離で戦ったり、一気に間合いを詰めて手数で勝負したりと戦略は立てやすかったです。


ゲームシステム

の4つのモードがあります。

シングルモードネット対戦をやってみました。

シングルモードは、初級・中級・上級の3つから選び、2戦or負けたら終了
(初級を選んだため、ほか難易度では対戦数が増えるかも?)

ネット対戦は、マッチングした場合3戦or負けたら終了。
(マッチングしなかった場合、CPU戦になるのですがこちらも1戦とカウントされます)


プレイ後にみたら、チュートリアルはかなり有益な情報が得られたとのことだったので
次回プレイ時はやってみようと思います。



少し不満な点

前述してきた通り、概ね満足です。
おそらく、しばらくプレイ重ねていきますし生まれて初めてゲームセンター通いを開始しそうです。

しかし、不満な点もいくつか
・キャラクターが少ない
・ポッ拳連動WEB


まずはじめに、キャラクターです。
前述したとおり、現在8匹。
あまりにも少なく感じます。
当然アーケードということもあり、試験的な導入だったのだとは思いますが
バシャーモの参戦が決定したため、9匹にないます)

自分くらいの少しやるだけのユーザーにとっては、ちょうどいいかもしれませんが
初日からやり込もうと考えていたユーザーにとっては、少し拍子抜けかもしれません。

ですが、今後増えていくことを考えるとそこまで大きな不満ではありません。



どちらかというとこちらが問題ですね。
ポッ拳連動WEB

app.pokkentournament.jp


稼働と同時にオープンしたサイトで、前述したバナパス情報を入力することで
ゲームプレイ中に獲得した、アバターの変更や通り名の変更などができます。

しかし、蓋を開けてみて驚きました。
f:id:kurischool:20150716235030p:plain


会員の種別として、プレミアム会員が存在します。(毎月300円)


ゲーム中に手に入れたアバターや称号などを、自分のキャラクターに適用するためには
このプレミアム会員への登録が必須になります。


前述した、バナパス300円が高いというのはここに関与してきます。
カード本体に300円支払い、できる機能は戦績の確認などのみ。
その他の要素を遊ぶためには、追加で月々支払うという形。


そこを付加価値にするくらいなら、売りにしないで欲しかったです。
ゲーム中に獲得したアバター着せ替えパーツすら使えないという意味のわからない仕様です。

獲得したアバターの色を変えたりするために、ペイを支払うならわかるのですが
ゲーム中に獲得した旨みが全く感じられません。


ここだけは、すこし検討していただきたかったため長々と記述させていただきました。



総括

とはいえ、本当に面白かったです。
自分の好きなゲームのキャラクターを自由に動かせる感動。

まったく味わったことのない感覚でした。
また、いきたいなーと思っています。
失礼します。