英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【アニメ】バケモノの子視聴後の感想

今日も1日おつかれさまです。

都合上モノクロ写真の更新は後回しにさせていただきます。
申し訳ありません。


バケモノの子

細田守監督作品
「バケモノの子」視聴してきました。

f:id:kurischool:20150717165259j:plain

ので、ネタバレを含まない程度の感想を述べさせていただきたいと思います。


胸が熱くなるストーリー

よくネットなどで
「すっごい泣ける!」という言葉を目にするのですが、個人的には胸が熱くなる
という言葉が似合うと思います。

同監督作品でいうところのサマーウォーズに寄っているかなー?という印象。

「オオカミ子供の雨と雪」のような泣ける展開ではなかったですね。


描かれていた背景

「オオカミ子供の雨と雪」が親子における母親について述べていたことに対して、今回は「父親」に焦点を当てていたのかなー?と感じられる内容だったと思います。

孤独に過ごした少年と、孤独に過ごした化け物が出会うことで、そこにある種の親子感情を抱きながら見ていたと思います。

子供と親の葛藤や、息子が独り立ちすることへの親の感情などなど…


子供を持った状態で見ていたら泣いていたかもしれません。



そんな同作品
絶賛公開中です。
細田守さんのファンにとっては、非常に楽しめましたし
もちろん、これが初作品という方にも自信を持っておすすめできる作品になっていると思います。
失礼します。