英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【映像】ライブスペクタクルNARUTO視聴後の感想

今日も一日お疲れ様です。

昨日は、更新する気満々だったのですが目が覚めた時には朝の6時
椅子に向かう形で眠っていました。
申し訳ありません。


ライブスペクタクル「NARUTO」とは?

www.naruto-stage.jp
週間少年ジャンプで連載していた「NARUTO
その「新時代開幕プロジェクト」の一環として立ち上げられた企画です。


舞台版の「NARUTO」ということで、日本の5箇所と海外の3箇所と世界中での公演を6/7に終了しました。


演技だけでなく、音や映像
トランポリンを使ったアクションなど、ふんだんに盛り込まれた表現方法でNARUTOの世界観が再現されています。


DVD発売

その映像作品が本日8/26に発売となり、早速買ってきて視聴したので感想を記事にさせていただきます。


ストーリー

原作を追体験するストーリー。
多くの改変を含んで、2時間で最初からサスケ奪回編までを網羅していました。
そのため、なくなっている話や挙動が変わっているキャラクターが多いのですが、違和感もなくしっかりと話が繋がっていたように感じます。
簡単な流れとしては


ナルトが巻物を持ち出す

班分け

波の国

木の葉崩し

サスケ奪回

という流れです。
そのため、鈴取りの演習や中忍試験はすべてカット。
サスケ奪回に関しても、音の五人衆は全カットとなっています。

少し残念なところは、そこらへんですね。



感想

面白かったです!
こいつ感想面白いしか言わないなと思われそうですが…
舞台は、かなり昔に劇団四季を見た記憶があるのですが、幼少期のためほとんど記憶になかったです。
そのため、新鮮で本当に面白かったです。

映像表現が本当にすごかったです。
舞台の背景をプロジェクションマッピングとして投影することで、実際に木の葉の里にいるような錯覚に襲われます。
ただ、そのためあまり背景を変えることができずに原作と違う点が多かったのですが、そこも高評価になりました。