英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【アニメ】がっこうぐらし!を全話視聴してみて

今日も一日お疲れ様です。

アクセス数3000突破

更新が控えめとなって大変申し訳ないのですが、この度アクセス数3000を突破することができました。
一度離れてしまうと、癖になってるものも離れてしまいますね。
ここらで気を引き締めて毎日更新!復活していきたいと思います。


がっこうぐらし

kurischool.hatenablog.com

詳細や内容、あらすじなどはこちらをご覧ください。



今回は、がっこうぐらし全12話を視聴し終わっての感想を述べさせていただきたいと思います。
あくまで筆者はアニメーション視聴です。原作は未読のため差異がでますが、ご了承ください

・感想
・考察
・2期について
・総括

感想

感想としては、常に視聴者が受け身に回るアニメだったなと感じました。
衝撃の1話目に始まり、誰も脱落して欲しくない…!というような気持ちでアニメの時間が進むのをドキドキしながら待っていました。
なので、めぐねぇの事実が明かされた部分とかも本当に心臓を鷲掴みにされたような気分でしたね。

そういう面も含めて、「視聴者が受け身に回るアニメ」でした。

いい意味でも、悪い意味でも次の週を心待ちにしていました。

f:id:kurischool:20150714221522p:plain

考察

いくつか疑問に思っている部分を考察していこうと思います。

・舞台となった学校への説明が皆無
・手紙を拾った女性
・飛ばした鳩
・太郎丸をつぐもの?
・制服の色
・くるみ


舞台となった学校
作中では、この学校は巨大なシェルター施設のように紹介されていました。
非常用の太陽光や栽培園、地下室にはライフラインを確保することができる設備が整っていて生活できるようになっていました。
つまり、事前にこのような自体になることが想定されていました。
避難マニュアル等で表現されていたのですが、その全貌は語られないままでした。
世界全てがその状況に陥っているのか、それとも特定の地域のみで観測実験のように行われていたのか
そういった部分が一切作中で表現されていなかったですね。
2期があった場合何かに関わってくるのでしょうか?


手紙を拾った女性
12話の最後に飛ばした手紙を女性が拾うシーンがありました。
つまり、その範囲ではゾンビがいない。
もしくは、それらに対抗する術がある状態です。
それらが最後に出てくるというのは、希望を視聴者に与えたのか2期への伏線と捉えるのか
捉え方は人それぞれだと思います。
私としては、前者(視聴者に対する希望)と捉えました。


飛ばした鳩
風船に括って飛ばした手紙が少女に回収されたことに対して、同じ時に飛ばした
伝書鳩の「アルノー鳩錦二世」こちらのその後は描かれていません。

これがケイにつながり、そこから話が展開していくと考えていた時期はありました。
(ちなみにこの鳩の名前を並び替えると、2期にあるのは生と死になります)


太郎丸をつぐもの?
最終話に出てきた、太郎丸が地下にいった理由
地下に同種が生息していたからだと述べられました。
そして、最後にその生物らしき存在を明示する表現。

がっこうぐらし!を辞めた学園生活部に対して、学校に残った太郎丸をつぐもの
2期があった場合は、ここと合流するのでしょうか?


制服の色
f:id:kurischool:20151008225830j:plain
少し触れる機会がなかったので、ここで触れておきます。
作中に置いて、生徒の制服は「緑色」で表現されているのに対して
主人公ゆきの制服だけ「紫色」です。

osusumenews.hatenablog.com
こちらの方の記事を読まさせていただきました。

ゾンビも制服は紫色で表現されていたことから、謎が謎を読んでいたのですが最終話まで明示されませんでした。
考察サイトなども、後で見に行ってみようと思います。



くるみ
個人的に一番取り上げたい問題。
おそらく一番波紋を読んだであろう第9話のエンディングです。www.youtube.com
最後に顔をあげるゆき、その前には学園生活部のみんながいる。


はずでしたが、くるみだけが描かれていません。
当時は、本当にゾクゾクした記憶があるのですが
物語が終わってみると、特に脱落したわけではありませんでした。
ゾンビに噛まれたものの、ワクチンが間に合ったことでゾンビ化は免れたといった描写です。


ここで一つ、対論を唱えさせていただきます。


果たして本当に免れたのでしょうか?
f:id:kurischool:20151008231426p:plain

これが通常のくるみ
それに対して、最終話では
f:id:kurischool:20151008231449j:plain

このようになってます。1話通して


ここで思い出すのは、「くるみは左腕を噛まれて負傷していた」ということです。

つまり、何かしらの後遺症または完全に治りきっていない
そのために長袖の服を着るようになったとは考えられないでしょうか?


個人的な推論ですが、2期があった場合
避難所に逃げ込む→ひょんなことからくるみの秘密がバレる→追い出そうとされる→くるみ自殺

最後までいくかはわかりませんが、展開としては十分ありえるような気がします。
それだけ少しくるみの今後が心配です。


2期について

考察の部分では、2期への可能性を示唆させていただきましたが
2期はないと思います。
個人的な意見ですので、あまり参考にしないでもらってもいいのですが

根拠を述べると
・ゆきが正常に戻った
・ケイの生死が作中で明かされた


ゆきが正常に戻った
この出来事自体が、ある種のこの物語の終了を意味しているよに感じました。
このアニメでは、ゆきの精神が崩壊しておりそれを中心に物語が展開していきました。

f:id:kurischool:20150714223910j:plain

つまり、彼女が正常に戻る=学園生活部の存在意義もなくなります。

なにより、最終話で「がっこうぐらし」を卒業してしまっていますからね。
そういった意味で、2期は全く別のアプローチになってしまうためなしと述べさせていただきました。


ケイの生死が作中で明かされた
作中ではずっと触れられてこなかった、ケイの生死が最終話で明かされました。
明確にケイである描写はないのですが、学校から立ち去る際にすれ違う人影

f:id:kurischool:20151008000306p:plain

前後の話からケイであることが推測されますが、こちらを作中で明らかにしたという点。
最初はケイが生き残っていて、遭遇し展開していく話をイメージしていたため、その可能性が潰されたため
より一層、広げられる風呂敷が狭まったように感じました。

以上の理由から、2期への可能性は薄く感じました。


総括

受け取る人間の数だけ、推測・考察が生まれる本当に衝撃の作品でした。
やはり、原作を読まないと見えてこない部分も多そうですね。

ですが、物語からどんどんと話を膨らませていくのもなかなか面白かったです。

2期はないと思う派ですが、個人的には残っている不思議な点などを全て明確にしてもらいたいなという願望もあります。
結局のところ、まだまだ見たいという感情が強いんですけれどもね。

失礼します。



がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]

がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]