英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

Macのパソコンをターミナルから強制終了する方法

今日も1日お疲れ様です。

<余談>

ターミナルを使った強制終了

今回は、ターミナルというものを用いてMacを強制的にシャットダウンする方法です。

ことの発端として、本日作業をしていたら突然パソコンの動作が重くなりまして…
「これは一回シャットダウンしよう…」と思い、いつもの手順でシャットダウンを進めていたのですが…


反応がない


システムを終了する
というボタンを押すことはできるのですが、電源が落ちる気配がなく…
どういうことだろうとしばらく頭を悩ませて、携帯を使いながら調べていたらこの方法を見つけたので紹介いたします。

ターミナルを起動する

「ターミナル」というものを起動します。
パソコンを操作するのって、あくまでパソコンが用意してきた選択肢を人間が選んでいる状態なんですね。
それをこっちから強制的に指示してあげるためのツールがこの「ターミナル」です。

「アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル」で起動することができます。

起動すると、真っ白な画面に文字が出てくると思います。
全ての文字(2行程度)がで終わったら、こちらからコマンドを投げかけていきます。

強制終了させる

「sudo shutdown」

と入力し、Enterを押してください。
次に、パスワードを入力します。
ここでは、画面内にでませんがきちんと入力はされているのでそのまま入力してあげてください。

これでEnterを叩くと、強制的にパソコンをシャットダウンすることができます。


他のコマンド

ついでにいくつか他のコマンドを載せておきます。

コマンド 実行結果
sudo shutdown 強制シャットダウン
sudo reboot 強制再起動
sudo halt 強制シャットダウン


sudo shutdown と sudo haltの両方にシャットダウンの効果があります。
shutdownで反応しなかった場合は、haltをぜひ使ってみてください。

今回の参考サイト
http://blog.yamafd.com/mac_emergent_shutdown_reboot/