英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

【プログラム】POHでつり目チャレンジ(Java)

今日も一日お疲れ様です。

アクセス数4200突破

いつも訪問ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


POHレベル1

kurischool.hatenablog.com

昨日取り上げた、「Program Online Hackason」
通称「POH」を取り上げましたが、そのレベル1「つり目」の取得チャレンジに挑戦しました。

チャレンジ内容

キーボードから数字を入力してその入力した回数だけ
「Ann」と返すプログラムを記述していきます。

(ひたすらに問題内容がひどいですね…笑)



今回記述したプログラムとしてはこちら

import java.io. BufferedReader;
import java.io.InputStreamReader;

public class Main {
  public static void main(String[] args)throws Exception {
    
    BufferReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
    String line = br.readLine();
    int x = Integer.parseInt(line);
    for(int i = 0;i < x;i++){
      System.out.print("Ann");
    }
  }
}

簡単に解説していきます。

解説

Javaで文字の入力を受け付けるということで、今回は文字型で受け取ってそれを整数に変換するという処理をしています。


BufferReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
この一文で文字の入力を受け付ける準備をします。


String line = br.readLine();
ここで、lineという変数に入力された文字を記憶しておきます。


int x = Integer.parseInt(line);

受け取ったlineを文字型から整数に変換していきます。
これをすることによって、for文やif文に問題なく組み込んでいけるようになります。


for(int i = 0;i < x;i++){

入力された回数だけ処理を繰り返す準備をします。


System.out.print("Ann");
最後に「Ann」と出力して完成です。



かなりざっくりと説明させていただきました。
深く掘り下げてほしいところなどあったら、お気軽にどうぞ!



結果は…
f:id:kurischool:20151224000621p:plain

つり目になりました…
いいですね…笑

明日からも頑張っていきましょう!