英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

USJ行ってきました

今日も1日お疲れ様です。

アクセス数5900人突破

大台の6000がついに見えてきました。
いつも本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

USJ

新年早々USJに行ってきました。
「天使のくれた奇跡」を見るために行ったのですが、1月6日までだったのですでに終了していました。
f:id:kurischool:20160110233029j:plain

プロジェクションマッピングみたかった…


イベント終了、平日などからパーク内はかなり空いていました。
長くても100分待ちの「ハリウッドドリームバックドロップ」が最長待ち時間でしたね。

ハリポタブームは過ぎ去ったのか、常に30分前後の待ち時間でした。
解放直後は120分待ちがデフォルトだったんですけれども、気づけば…


エリアないは混んでいるので、アトラクションはみなさん乗り飽きたみたいですね…
懲りずに乗ってきましたが…笑


1日を通して様々なアトラクションに乗ったわけですが、体験してみてとんでもなく面白かったのが…
f:id:kurischool:20160110234041j:plain


期間限定アトラクションの「妖怪ウォッチザリアル2」です。

待ち時間が20分と書かれていて、子供用アトラクションとわかりつつ行ってみたのですが…
これが本当に面白くて度肝を抜かれました…
(技術的にもものすごかったです)


どんなアトラクション?

ウォークスルー型?というんですかね
チェックポイントや目標を達成するために歩き回るというアトラクションになっています。


入り口で「妖怪ウォッチ」「妖怪パッド」を手渡されます。
この妖怪パッドに表示される地図をもとに、目的の場所に行き
出てくる妖怪を妖怪ウォッチで捕獲するというもの。


ゲーム性としては、とても単純なのですがここに様々な技術が盛り込まれており
大人でも楽しめるようになっています。


物語への入り方

入ってすぐに映像を見せられます。
大きな木や神社のセットの前に小さな幕が貼ってあり、そこに映像を射影するという演出
www.youtube.com

こちらの動画の前半部分
現実にいる人間と、架空のキャラクターとの掛け合いなどの新しい演出を体感しました。
今までは、CGで後付けするなどの演出でしたが投影によりその場で会話が展開するリアル感

また、背景映像などを投影するのではなく、しっかりとしたセットを組むことによってさらにリアル感をゲストに提供していました。
(上記映像には、アトラクション内などもありますので、よろしければそちらとあわせてこの後の記事をどうぞ)



アトラクションが始まると?

第一のすごい!
キャストの指示のもと、道を進んでいくと
そこには商店街が広がっています。
これが本当に感動です!

実際に見てもらわないと伝わりにくいのですが…
セットということを感じさせないくらい、世界観がリアルに表現されていて
まったく違和感がなくなっていました。



第二のすごい!
キャストさんの演技。
アトラクション内には、パッドを使うことから不具合があった時のために多くのキャストさんがいます。
ただ、このキャストさんたちが本当にすごかった。

学生服を着ていたり、OLさんに扮していたりとそこに対するこだわりもすごいのですが…
こちらからモーションをかけないと世間話を始めるんですね。

本当に街の中にただいる人
この一点に関して完璧に街に紛れていました。



第三のすごい!
映像がすごい。
お肉屋さんのショーケースや車のフロントガラスなど
それらの画面が実は、液晶になっていて妖怪が出現するとその画面が切り替わります。

まるで、妖怪が現実に出てきたかのように裸眼立体視も盛り込まれており
最新技術のオンパレードでした…




妖怪たちを集めて、最後のミッションに挑むわけですが
こちらは是非、体感していただきたいです。
もう日数もあまりないのですが…
(13日を過ぎたら、追記で書こうと思います。)


これは、妖怪ウォッチザリアル3が来てもおかしくないと思います。
というよりもやってほしい…
個人的にすごく行きたいです。


来週から始まる「クールジャパン」に期待が高まります。
失礼します!