読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英姿颯爽

日々の気づきや、技術的な進捗のお話です。

イジメと聴覚障害【聲の形】

今日も1日お疲れ様です。

 

CEDECのレポートはどこへやら

今日は【聲の形】を視聴してきて、

感じたこと、思ったことなどを

ツラツラと書いていこうと思います。

 

 

聲の形とは

 

聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による漫画。最初の作品が45Pで『別冊少年マガジン2011年2月号に、リメイクされた作品が61Pで『週刊少年マガジン』2013年12号に掲載された[5]。『週刊少年マガジン』にて2013年36・37合併号から2014年51号まで連載[6][7]。単行本は全7巻。

2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編で第1位[2]、『マンガ大賞2015』で第3位[3]を獲得した。第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞作[4]

聲の形 - Wikipedia

 

この度、こちらの作品がアニメ映画化が決定し

早速公開日に鑑賞してきたため、朝一の回で見に行ってきました!

(ちゃっかり舞台挨拶のライブビューイング付きを…)

 

 

どんなお話?

f:id:kurischool:20160919223333j:plain

 

物語は、聴覚障害を持った少女と主人公の出会いから始まります。

主人公の少年は、聴覚障害の少女を見たときに「面白い」と感じ

日々ちょっかいを出し続けて、いじめへと発展していきます。

 

そんな日々が続く中、少女へのいじめが発覚し

今度は主人公の少年がいじめのターゲットへと変わってしまいます。

 

そんな小学時代を経験し、高校生になり自殺を決意した少年の前に

当時いじめていた少女が現れて…

 

というような話の内容です。

 

 

感想

もともと原作の漫画が好きでずっと読んでいたのですが

全7巻くらいなので、2時間くらいで内容が綺麗にまとまってました。

 

テンポも思っているよりも気にならずにすんなり入ってきましたね

 

 

原作を知らない人と見に行ったのですが、反応もよかったので

初めての人でも楽しめるようにまとまっているようです!

 

 

ここからは原作との対比になります。

 

音声が素晴らしい!

映像化で最も期待していた部分であり、期待以上でした。

聲の形というタイトルや聴覚障害ということからもわかるように

今作に置ける「音」の役割は相当強いかと思います。

 

単に声やBGMだけでなく、生活音や周囲の雑音など

表現が雑多にはなりますが「生きた音」っていうものをすごく感じました。

ぜひ、注目していただきたいポイントです。

(花火のシーンなど、表現がすごく細かいので)

 

 

表情や息づかいでの心情表現

原作を読んでいる時と映画視聴後でキャラに対する心象が大きく変わっていました。

原作からでは読み取れない表情の変化や、息づかいなどで

わかりにくかった感情がダイレクトに伝わってきました。

 

極端にいうと、原作視聴時は「かわいさん」という登場人物が嫌いでした。

飄々と猫かぶって生きていて、生きるのが上手い女の子っていう感じの子です。

 

そんな人物なのですが、表情なのでその子の背景にあるものが伝わってくるんですよね

これが本当に原作を読んでいたからこその驚きでした。

 

 

キャラの掘り下げが甘い…?

やはり原作に比べると2時間でまとめないといけないので

一人一人の掘り下げはやはり甘かったですね。

(長束くんの掘り下げとかもう少し欲しかったなーと)

 

 

 

ザーッと振り返ってきて見ましたが、こんな感じですかね?

アニメ映画では「君の名は」が絶好調ですが、

ぜひ「聲の形」を楽しんでみてみてはいかがでしょうか?

(君の名は、3回見に行っていますが…)

 

失礼します。